読書好きが投資をしたら?

主に本の感想や投資について書きます。自分用の備忘録も兼ねてますが、みなさんのお役に立てれば幸いです。

はじめての課長の教科書 酒井 穣 著

f:id:tamatan07:20180506152957j:plain

 こんにちは!

GW最後の日は明日からの仕事に備えて、家で大人しくしています。

明日は新人が配属されるので、疲れた姿は見せられませんからね!

というわけで、今日は時間があるのでこの本を紹介します。

課長の仕事って何でしょう?私の考えは次回のブログに書きますが、今日は本の初回がメインです。

友人がこの本は参考になったと言っていたので、手に取ってみました。

この本は決して難しいことはかかれておらず、基本的なことがかかれています。

タイトルにある「はじめての課長さん」向けです。

予算管理や困った部下への対処方法など、避けては通れないことがたくさん書かれています。教科書ですもんね(笑)

私もたまに読み返して、基本に立ち返ります。

やはり、基本は大切ですからね。

 

管理職になる部下には読ませようと思います。読んでおいて損はありませんから。