読書好きが投資をしたら?

主に本の感想や投資について書きます。自分用の備忘録も兼ねてますが、みなさんのお役に立てれば幸いです。

かばん屋の相続 池井戸 潤 著

f:id:tamatan07:20180428221613j:plain

こんばんは、tamatan07です!

最近いろいろありまして、更新頻度が落ちてます。

元気ですのでご心配なく!

6月中旬ぐらいには理由をご報告できるかもしれません。良い話ですよ。

さて、今回紹介する本は、池井戸潤さんのかばん屋の相続です。

私がこれまで読んだ池井戸作品は半沢直樹が主人公のドラマの原作「オレたちバブル入行組」なんかがあります。

今回の作品も銀行を舞台にしてますが、短編集です。

短いドラマがいくつかあり、様々な人間関係が描かれています。

人はお金が絡むと人間性が出るもので、今回はどんな話だろう?とワクワク楽しめます。

力強い豪快さが売りな「倍返し」とは異なる、少し柔らかな感じのストーリーに感じました。

これはこれで面白いですよ。

安定した感のある、池井戸作品でした( ´艸`)