読書好きが投資をしたら?

主に本の感想や投資について書きます。自分用の備忘録も兼ねてますが、みなさんのお役に立てれば幸いです。

風が強く吹いている 三浦しをん 著

f:id:tamatan07:20180618211921j:plain

こんばんは、たまです!

少しでも関西のみなさんに元気を届けられるよう、ブログを更新します。

さて、今回紹介する本は、三浦しをんさんの風が強く吹いているです。

私は中学、高校と陸上部だったので、こういうストーリーには物凄く熱くなってしまいます。 

昔の自分に重ねてしまうんだよね。

高3でエースとして期待されているも、最後の総体前にアキレス腱を切ってあっけなく終わってしまった青春時代を・・・。

 

さて、個人的なお話はここまでにして、本題に入ります。

無名の大学でほとんど陸上経験のないメンバーが箱根駅伝に挑むお話です。

この時点で無謀に見えますが、個性的な10人が非常に面白く、また彼らを見事に統率するリーダーも素晴らしいのです。

高校時代は全国レベルだったが暴力事件で表舞台から姿を消した走(たつる)が再起を果たす姿。

無邪気にはしゃぎ続ける可愛らしい双子ちゃん。

漫画オタクの王子などなど。

彼らの掛け合いは見ていて非常に楽しい。

 

強豪校は某アメフトの様に異常な程の体育会系の指導者が多いですが、このリーダーは強制させることなく個人の性格に合わせて褒めたりすることでやる気を引き出していく。

そのリーダーの熱い想いに応えるべく、必死に食らいつくメンバーたち。

陸上未経験者では初めの筋肉痛で脱落者が出るのが当たり前の世界だが、辛い練習を耐え抜いた者だけが味わえる達成感や世界感。

自分はMなのかと思うぐらい追い詰めることで得られる快感や幸福感。

仲間がいることで耐えることができる孤独との闘い。

そこで得た仲間と結ばれる強い絆。

重い襷を繋ぐ間、これまでの辛い日々だったり、走り終えた後のことだったり、走馬灯の様に駆け巡る各々の想い。

 

なんだろう。走りの先にある人生の境地を感じた。

 

本の紹介だかなんだか分からなくなってきましたが、この本は朝ドラを見ている感じもしました。