読書好きが投資をしたら?

主に本の感想や投資について書きます。自分用の備忘録も兼ねてますが、みなさんのお役に立てれば幸いです。

レインツリーの国 有川浩 著

f:id:tamatan07:20180513223945j:plain

こんばんは、たまです!

今日は子供たちが実家にお泊りしているので、久々に静かな夜です。

さて、今日紹介する本は有川浩さんのレインツリーの国です。

有川さんの作品は初めてなんですよ。

読了ツイートの多い作品なんで、読むべきかと思って手に取りました。

 

お互いの知らない過去から出来上がるそれぞれの性格。

そういった背景を知らずに本心を打ち明ける事、受け入れる事の難しさ。

当然、何を考えているのかわからないから、不安な状態での相思相愛に至るまでの数々の駆け引き。

この駆け引きに負けてしまえば終わってしまうが、勝たなければ先に進めないという葛藤。

どれも恋愛に必須の過程だが、彼らの壁は通常よりも高い。

それだけに、一度乗り超えてしまえば永遠に続くであろう幸せ。

本当に好きなものを手に入れるには、相手を信じて受け入れること。

信じられるまでお互いの考えをぶつけ合い、納得できるまで喧嘩する。

逃げてばかりでは幸せになれない。

何とも青く、もどかしいストーリー。

 

若いっていいですね。

真剣にたくさん恋愛した方がいいですよ。

それは自分の人生に糧になりますからね。